ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 実はピアニスト?!

<<   作成日時 : 2006/02/17 07:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像 大好きな野球はどうしても自分がしたくて始めたこと。ちょっと他がおざなりになるとき、「そんなに時間がないなら、野球をやめてしまいなさい!」と叫ぶと、妙薬のように彼らの体はよく動く。ま〜絶対にやめないだろうなあ〜という半ば確信めいたものがあるので、思いっきり叫べるのだけど・・・
 小さい頃から、多少はおけいこしてました。体操教室、お習字にスイミング。小学校に入学する前のおけいこはもちろん母が主導でした。始めるのも、やめるのも・・・
 今は野球も通信教材もユウが主導です。主導が子供だと、「したいと言ったのはあなた!やめたければいつでもやめなさい!」そんな強気な母でいられます。
が、唯一母が「やめてしまいなさい!」と叫べないもの・・・それがノピアです。
 ピアノはユウもシンも小学校入学時より始めました。完全に母主導です。
なかなかうまく弾けない時、ちょ〜不機嫌の練習時、「そんなにやりたくないならやめてしまいなさい!」と母はいえません。「うん、やめる!」と返ってきそうだからです。
そんなときは、「そんなにいやなら、ピアノにさわるんじゃない!」と叫びます。まったく、親の身勝手でしょうか・・・
 まだ反抗期のドアをノックする程度のユウは、多分多少の不満もありながら、でも弾ける喜びもちょっと知りながらピアノのレッスンを続けています。
が、この春大きな問題が発生してしまいます・・・
 ユウの先生は、1年半に一度くらいのペースで発表会を行います。アットホームなこじんまりした発表会ですが、この発表会にむけての練習は大きく彼らを成長させ、ピアノの腕もちょっとは上がります。なので、ぜひぜひ参加させたいんだけど・・・
 毎回発表会は12月または、夏を待たず3月にすることが多いです。一番初めの発表会は1年生の3月。まだ、野球を始める前でした。二番めの発表会は3年生の12月。実はちょうど6年生の退団式の日。大変申し訳ありませんが、欠席させていただき発表会へ・・・
どうやらそろそろ発表会と耳にしたのが、昨年11月。このペースじゃあ12月はありえないし、3月かなあ・・・大会重なってたらどうしよう・・・不安はありました。
が、あけてびっくり!なんと4月23日。え〜(@。@)4月リーグ戦の真っ只中だよ〜毎週試合だよ〜どうしよう(;。;) この大会はリーグ戦なので、試合の有無、時間が決定するのは多分1週間前。
 ピアノもなんだかんだいいながら練習してきただけに、発表会には出たいユウ。
でも「監督に休むって言える?」と聞くと、大きくブルブルと顔を左右にふりました・・・そうだよねえ、私でも言えないよ(??)
 ピアノの先生の息子さんも実は野球少年!今も大学で野球をしています。
理解ある先生にお話し、プログラムには一応入れていただきますが、出欠は1週間前までまっていただくことに・・・・申し訳ありませんm(−−)m

 もう、最悪シンだけの発表会でもいいかっ!と思うも・・・あれ!シンも試合だ(@。@)おまけに11人しかいない。(そのうち2名はキャッチボールも・・・・) あ〜もっとピンチだ!!!
さて4月、我が家のピアノ物語はどうなるのでしょうか・・・・


画像

 さてさて、なぜ野球少年たちにピアノを・・・と思ったのか・・・
 実は夫はピアニスト!ではないけれど、時々ピアノを奏でます。でっかいグローブみたいな手が、繊細に鍵盤を走ります。岩のように黒くてごっつい夫ですが、後ろを向いて(!)ピアノを弾く姿はちょっと素敵です(^^;
せめて小学校時代だけでも・・・そんな母の思いは欲張りなのでしょうか・・・
でも4月のリーグ戦までに大会が二つ・・・笑顔でリーグ戦に入ることができるのか・・・
こちらもやっぱり不安です(^^;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も男の子がピアノを弾く姿 スキです〜
純也には習わせていませんが、弾きたいときには「お姉ちゃんに教われ〜」と言ってます。たま〜に姉ちゃんの部屋に入って・・怒られてます・・
一生懸命にやってその成果を試せるのが、野球は試合であり、ピアノは発表会。どちらも捨てがたいですね。
結局はチームプレーの野球を取らざる得なくなるんでしょうか・・
・・「秘打!白鳥の湖!」試してみちゃう!!??
純也の母
2006/02/17 18:23
<純也君ママ へ
悩むなぁ・・・と言いながら、試合をごめんする確率はないですね、きっと・・・(^^;
やっぱり「秘打!白鳥の湖」、目指せ「殿馬!」かな?!
今週の試合は「華麗なる大円舞曲」といきたいものです(*^。^*)
ゆきだるま
2006/02/17 18:52
こんばんは。
野球少年くんがピアノですか〜〜。がんばってますね〜〜。
両立は大変でしょうが、主・従を決めてぎりぎりまでがんばるしかないですよね。子供のころに習ったことはきっと将来役に立つと思いますよ。あまりに半端でやめちゃったら何にもならないけれど・・・。

うちは、両親ともスポーツしない家なので息子たちもぜんぜん・・・です。
きつい練習だけどよく耐えてるなあと思っていつも思っていたのですが、
自分でやりたいと思った子、スポーツ好きな子は歯を食いしばってがんばっちゃうんですね。わが子たちには期待できない姿かも??

うちは音楽系で、息子たちはクラシックギターを弾いてます。今も隣で練習中(^^♪ 
*長男に2歳でピアノを習わせようとしたら早すぎて失敗し、そのままズルズル時がたち、9歳になってしまって今更ピアノも・・・とギターに落ち着きました。
うるる
2006/02/19 20:40
<うるるさん へ
コメントありがとうございます!
クラシックギター素敵ですねえ(*^^*)
中学の音楽の時間にかじった「禁じられた遊び」が思い出されます。
指が痛かったけど、あの頃どうしてもあの曲が弾きたかったなあ・・・
毎日が基本のお稽古事は本人も、正直見てるこっちもときどきしんどいなあと思うんですが・・・
ピアノを将来の糧になんてことはもちろん微塵も思ってないのですが、せめて自分で楽しめる程度になってくれたらなあ・・・と思うのです。
う〜ん、親の勝手な想いなんで、もしかしたら迷惑なのかもしれないのですが・・・もうちょっと、がんばってみます!
ゆきだるま
2006/02/19 21:50
素敵ですね〜。我が家の長男の幼馴染も現在野球部部長でピアノを続けています。学校の合唱コンクールの伴奏者になったりして、それこそごつい手で奏でるピアノの力強いこと!(カレは捕手)

たった一つ・・少年団時代 大会の決勝と発表会が重なって・・キャッチャーがいないと・・私は長男の幼馴染だったからカレが野球と同じくらいピアノが好きだと知っていて何も言えませんでしたが やはり指導者をはじめとしたチームの皆は厳しい視線!ってかんじでしたね。
結局発表会を選び彼は野球を欠席。たまたま試合にも勝てず・・。

なんとなく苦い思い出です。夢中になるものがたくさんあるとそれなりに大変ですね。でも男の子のピアノ、素敵です。

我が家の兄さんはお年頃でギターを弾き始めました。
へたくそで笑えます。
健がギターを手にすると 坊主頭で売れない演歌歌手みたいでこれまた笑えます。
健の母
2006/02/20 18:06
<健君ママ へ
コメントありがとうございます。
個人の都合はチーム競技する上で、やっぱり難しいですね。
健君兄さんの親友君も、一杯悩んでの結論だったのでしょうね。試合に勝てていたら、想いでも「ほろ苦い」程度で済んだのかなあ・・・
むずかしい〜(><)
ユウのピアノと野球の比重はとても同等にはならないのですが・・・もうちょっとがんばってくれたらうれしいなあ・・・なんて(^^;親の勝手な願いです。
ゆきだるま
2006/02/20 20:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
実はピアニスト?! ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる