ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「勝つ」ことの意味

<<   作成日時 : 2006/02/26 12:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像昨日の夕方は降水確率80%の予報、、昨日の夜中は降水確率100%の本日のお天気。荒れてます・・・朝より今の方が雨も風もすごい!ほとんど嵐・・・
ということで、本日の試合&練習はお休み。昨日からテルテル坊主作ってたユウはやはりちょっと残念そうでした。
 実は来週の日曜から新しい大会も始まって・・・Un〜過密日程になりますねぇ・・・

 2週間ほど前、シンたちJrチームは新チーム初めての試合をしました。
負けちゃったけど、でも車だしで運良く試合を観戦したママさんは・・・
「でも、みんな落ちついてて楽しそうだった。去年1年の意味は大きかったわぁ」との感想。
 去年1年の意味・・・それはけっこう試練であり、感動でもありました。

 昨年のJrチームはユウの学年がわんさかいたこともあり、2〜4年まで合せて総勢25名を越える大所帯だったのです。
年度がスタートする頃、監督はチームを2つ作ることにしました。
今のままでは、どう頑張っても半分以上の子が試合には出られない。
Jrだからこそ、やっぱり試合に出なくちゃ面白さもわからないし、上手くもならんやろ・・・とのお考えで・・・
どうやって分けるんだろう???
一軍、二軍にしてしまったら二軍は試合にならないし、かといって均衡に分けても、試合になるのかあ???ってかんじだし。
結局Aチームは4年生のレギュラー中心、Bチームは4年生&2,3年生となったのです。
ユウが5年になったら、あっち行ったりこっち行ったり忙しくなるなあ・・・と思っていたのですが、ここでユウはA、シンはBと分かれてしまったので、私の「どこでもドアがほし〜い」はもう始まってしまったのです。

新チーム結成後、やっぱりAチームは期待していただきます。監督・コーチの怒号もJrとは思えないくらい飛び交います。その勢いで監督がBチームに行くとみんな萎縮してしまって・・・途中からBチームの監督は60歳を越えたおじいちゃん、マサ監督になりました。(いい人なんだなあ・・・)

Aチームも勝負はまだまだ時の運、勝ったり負けたり・・・でも大会優勝も経験し・・・勝ちたいより勝たなければ・・・って感じにもみえてしまいました。
Bチームはというと・・・試合になるのかなあ〜と心配しておりましたが、正直試合にはなりませんでした。大半の子がキャチボールもままならないんですもの・・・・
春の大会はほとんどがコールド負け・・・見てるほうがつらくなるほどの内容でした。
そんな中、マサ監督&熱血コーチはキャッチボールから始まり、ゴロとフライをとる練習をコツコツ、コツコツ続けてくれました。

秋のリーグ戦が始まった頃、Bチームに練習の成果が少しずつ出てきました。コールドゲームがなくなってきました。点差がなくなってきました。
のこり3試合・・・

1試合目・・・最終回追いつきました。このまま終われば同点で終了。最終回裏、ランナーたまるもツーアウト。あとアウト一つ!
が、痛恨のパスボール・・・はぁ〜さよならだ・・・
監督、コーチ、子供たちも、「もうちょっとだったのになあ〜」とすんごくくやしそう!!
でも、なにか手ごたえ感じてたみんな良い顔(^。^)

翌週2試合目・・・勝ってました。途中まで本当に勝ってたのです。うそ〜・・・なんとかなる???
どうにかなる???最終回・・・さよなら逆転・・・・
みんな口もひらかない。監督もコーチも子供たちも・・・そのまま黙って、移動。ミーティング。即練習。 私たちは近寄ることもできなかった・・・

最終戦・・・相手チームは完全にこちらを見下している。レギュラーではない子が先発で出てるのが一目両全。でもBチーム、なにか違ったよ(^^)v
先制点はこちら・・・1点、2点、3点。よし!守るよ!取り合えず守らなきゃ!!
次年度Jrエース候補、コウちゃん絶好調!三振、三振。
内野ゴロも出てるけど、しっかりアウト!キャーダブルプレーしちゃった!!
相手チーム得点できず、ちょっとアセってきたかな・・・メンバーチェンジ続出。明らかにさっきの子たちと何かがちがう!でも、Bの子たちも今日は何かが違う!
最終回、ランナーたまっちゃった・・・センターフライ(@。@)やっぱり、だめか・・・
いや!とった!とったよ!入ったよ〜。グラブの中にボールは入った!
春から負けて負けて負け続けたBチーム。3−1。最終戦に初勝利〜〜〜!!
みんな本当にいい顔してました(*^^*)

新年度、新5年初のミーティング。マサ監督も来て下さり・・・一言。
「ようやく勝てたあの試合。初めて勝ったあの試合。
最後にホームベースに集まってあいさつしたときの、Bの子たちの大きな声と誇らしげな顔が忘れられない。勝つことで、得られた何かはこの子達にとってとてつもなく大きかった。
あの試合、勝ちたい!いうみんなの思いは凄かった。
Aの子達は勝つことを当たり前に考えすぎてないか?(言うほど、勝ててはいないのですが・・・)
お利巧に野球をしなくていい。もっと勝たなければ・・・ではなく、勝ちたいと思う気持ちを持った方がいい。グラブにボールが入った喜びを、バットにボールが当った感動をもう一度思い出して。
きっといいチームになるよ。頑張って」
AとBを行ったり来たりしていた私は、涙が止まりませんでした。ありがとうございました。

マサ監督は今年もJrチームのコーチとして指導してくれます。
子供の名前や特徴を覚えるのがすごくはやい!!気づくと昨日入った子も、1年前に入った子と同じように名前を呼び、声をかける・・・
でも、半年前にわかったこと。
ママたちの顔を覚えるのは、すんご〜く苦手らしい(^^;
ある日、そんなことをそっと私に話してくれたマサ監督。
もう2年以上グランドにもよく来るママをそっと指差し、
「わかります?」と聞くと、「だれ?」(><)キャー天は二物を与えなかったのか???

そんなこんなはありますが、本年度Jrメンバーは大半が昨年、公式戦を経験している子たちなのです。人数もそんなに多くないし、まだまだこれからですが、おもいっきり野球を楽しんで欲しいなあ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
野球…いいっすね。涙うるうるで読ませていただきました。正直、野球は団体という名前の個人スポーツだて思っている節があったのですが、やはり団体のスポーツです!うんうん(…って、当たり前ですね・笑) うちのチームの決まり事のなかに『一人は皆の為に!皆は一人の為に!』『自慢は世界で優勝した時にしよう!』 こんな言葉があります。スポーツを楽しみ、熱くなるのにAもBもナイ!!ところで〜写真は、今の風景なんですか?
もう、木が緑になっているんですね?!(再び、軽いショックです・笑)
でも4月の中頃…木も草も花もいっせいに、芽吹く北海道の春も好きです。と…いいつつ…緑が羨ましい〜(笑)
yasuの元カレ
2006/02/26 13:27
野球いいですね。つい昨日うちのJr.たちも生まれてはじめての試合をしました。
ぼろぼろに負けちゃいましたが・・・・

勝つという経験というよりも、それまでにした努力の重みが
その勝ちという場面で、爆発するのでしょうね。
その時の笑顔が思わず思い浮かびそうです。

ミーティングでのマサ監督のお言葉・・・感動しました。
うちのJr.たちも いつかはこんな素晴らしい笑顔を見てみたいなと思います。
野球かぁちゃん
2006/02/26 13:50
<yasuの元カレ さま
素敵なチームの合言葉(きまりごと)ですね。おごることなく、仲間とともに・・・ですね(^。^)v
ある少年コミックに
「だれかがミスしても、みんなで助け合えば帳消しになる。それが野球ってもんだろ」ってフレーズがありました。
野球に限らず、団体スポーツの熱くなる部分ですよね。
さてさて、写真は今日の朝の風景です。新緑はまだですが、3月に入ると芽吹きだしますね。
私は北海道の道東だったので、梅も桜もつつじもいっぺんに咲くの思い出しました。雪深いからこそ、コンクリートが見えた時、土が見えた時、
春だなあ〜」って実感できますよね(^^)

<野球かぁちゃん さま
野球かあちゃんのおっしゃるとうりだと思います。
「それまでにした努力の重み」
これなくして、勝利の感動はなかったと思います。
Jr君たちも、積み重ね積み重ね素敵な笑顔を爆発させてくださいね!
Jr君たちの初勝利、そしてJr君の初ヒット!楽しみにしています(^^)v
ゆきだるま
2006/02/26 19:20
ゆきだるまさんの故郷は道東ですかぁ。 自分達みたいな釣り人にはパラダイスですよ! 今日の札幌は大荒れ(雨)でしたが、雪融けも進みました♪
春の匂い(土の香)を感じられるまで、あともう少しの辛抱です(^−^)b
yasuの元カレ
2006/02/26 21:07
野球小僧にもサッカー小僧&サッカーオジさん(?!)にも早くどろんこになれる春がくるといいですね(^_^)/~
ゆきだるま
2006/02/26 21:38
大所帯ですね〜うらやましい〜〜カナ?大変〜〜カナ?
うちのチームは最初10人程度しか居ませんでした・・
なんとか15〜6人までになりましたが、キャッチボールしたこと無いような子が多くて・・どうなっちゃうの〜〜
そうかと思えば・・どこかでやってた??と思う子も・・
嬉しいやら怖いやら(^^;)
普段の練習だけでは
勝利の感動や負けた悔しさは味わえませんから
一戦でも多く経験させたいですね
そうすると日頃の努力の積み重ねがいかに大切か・・・
徐々に解ってくると思います〜
勝利の女神も母たちも微笑みますよ・・Jr君!!
純也の母
2006/02/26 22:43
<純也君ママ へ
人数の少ない学年から見ると、「うらやまし〜」と言っていただけるのですが、やっぱり「たいへ〜ん」な部分もありますね(^^;
車一台で移動できる学年もあれば、さあ今日は移動に車が何台いるの?なんて野球と全然関係ないところでバタバタしたり・・・
ただ、子供たちが気持ちよく野球に取り組めるのが何より。
その頑張りに母たちは歓喜したり、涙したりしちゃうんですもんね!
純也君も今年の貯金を次年度にむけて!・・・でも一試合でも多く今年もチャンスがくるといいね(*^^*)v
ゆきだるま
2006/02/27 09:29
ベンチで過ごすことが多くなった今日この頃・・(慣れって怖いですね〜〜)板についてきそうです!!
とにかく移動は大変ですよね〜ジュニアの時には毎回・・
車の心配していました・・
・・
ベンチでコーチが熱く語ってくれています
その内容は、目の前で繰り広げられている試合の実況と良かった点・悪かった点・改善点などなど・・・
一瞬たりとも聞き逃すのが惜しいぐらい解りやすく説明してくれます。
試合に出たい!!試合に出る!!
「それだけじゃないよ、まだまだ覚えることは沢山ある」
そのことに気付かせてくれるコーチに感謝しています〜
ちょっと褒めすぎましたか○○コーチ!?
純也の母
2006/02/27 12:27
<純也君ママ へ
「解りやすく!」これってポイント高いですよねぇ〜
ユウのチームの監督もミーティング大好きです(^^;
ただけっこう精神論も多いらしく、子ども達は途中で頭の中だけお散歩に行っちゃいます(><)もどってこ〜い!!
そんな監督の話で「納得」したこと!
ゲームはやり方もルールも誰も手取り足取り教えてくれるわけじゃない。自分で好きでやってるから覚えるんだ。野球も「教えてもらえるもんだ」と思わず、自分からしっかり見たり、聞いたりして覚えていくんだ。
たまにはわかり易いことも言うじゃん!なんて思って聞いてた母。せっかく良いお話でしたが、子供たちお散歩の途中じゃありませんように(^^;

ゆきだるま
2006/02/27 19:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
「勝つ」ことの意味 ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる