ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS ベンチの不安・・・

<<   作成日時 : 2006/11/01 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 2週間前・・・急遽、次年度代表選出の話が持ち上がりなんとも複雑な空気が母達の間に流れた。
 
 「運動会」という大きな行事の最中にふって沸いたこの話に、今までそれぞれにくすぶっていたものが表面化し、発火しそうになっていた。

 いろ〜〜〜〜んな話を聞いて、混乱して、錯乱(?)して、最後にはなんだか悲しくなっていたけれど・・・・

 ただ、みんな大人だった。

 時間はありがたい!時間の経過とともに、みんなの気持ちも落ち着いてきた。


 あせらずいこう!

 納得して進めよう!

 そして・・・・逃げないでいこう!


気持ちがかなり浮いたり沈んだりしたおかげで、「なるようになれ!」とも思えるようになった。


みんな悪気があるわけではない。

みんなちょっと不安だっただけ。



ようやく、気持ちも落ち着いてきた先週末・・・


グランドでは・・・・・「いつもとちがう練習試合」が・・・・




秋季大会予選敗退が決まってまもなくのJrの試合。

5年ヘッドコーチがひょっこりJrの試合にやってきた。

他のコーチが来ても私は別にびっくりはしないんだけど・・・・


「どうしたんですか?」

思わず口走ってしまったそんなヘッドコーチです(−−;


試合を観戦しながら、私の横で「負け」てしまった試合のことを話し出す。


元気がない。

萎縮している。

のびのびできていない。


どうも、この原因が監督であるということをいいたいようだ。


私に同意してほしいのか?


でも私は結構正直なので、思ってないことを「そうですね」とは言えない。
(「ちがう」と言い切れる強さもまだないんですが・・・^^;)

少なくても、ユウは監督の前で萎縮しているようには見えないし、けっしてのびのび野球ができていないとも思わない。


私があまりに話しに同意しないからか、それとは別なのか、あるコーチが自分と同じ考えであり、今の状況を自分以上に心配していると話始めた。

このあるコーチ。本当にいい人。
子供が好きで、野球が好きで・・・いつもグランドの隅々まで気をくばり、どんな子にも声をかけ・・・

子供は正直だから・・・野球を本当に愛しているこのコーチのこと、みんな大好き。


指導者間の話なので、憶測でものをいっては失礼ですが・・・
ブログなので、言わせてください。


ヘッドコーチとコーチがすべて同じ考えだとは・・・考えにくい・・・

ただ、コーチも多かれ少なかれ監督の子供達への指導の仕方(?!)に疑問は持っているよう。


うちの監督は・・・・けっして「褒め上手」ではない。

そして言葉賭けが上手方ではなく・・・上手なのは憎まれ口。

どちらかというと、ぶきっちょタイプ・・・・だと思う。

試合中、ミスが続くと吠え出しえ止まんなくなることもある。


褒めておだてて、みんなで野球を好きになろう!ってタイプではない。



先日の練習試合の前日、実は話し合いがもたれたらしく、

「試合中に、怒鳴らないでやってほしい」

と、いわれたようだ・・・・



監督とは違う、コーチたちが思う野球をしてみよう・・・・

ではじまった練習試合だったのかも・・・・


あの試合・・・

監督は何を思い・・・

コーチたちは何を思い・・・

子供達は何を感じたんだろう・・・・


この話はあくまで指導者間のことなので、私の口を出す範疇ではなく、もちろん今後も口を出すつもりはありません。



ただ・・・・これは、ただのひとり言・・・・


ベンチの中は、別にみんなが同じポーズをとる必要ないのではないか。

目指すもの、方向性が決まっていれば、それぞれの役割をそれぞれが果たしたらいいのでは?


家族の中で、恐い父さんがいて、なだめる母さんがいるように・・・



恐い監督がいても・・・なだめるコーチがいて、フォローするコーチがいて、尚且つ盛り上げるコーチがいてくれればいいのではないか・・・・


今さらあのぶきっちょの監督が変われないような気がするし、なんとなく変わっちゃいけないような気もするんだけど・・・・


これは私のひとり言・・・・ひとり言・・・・


さて、今週末は6年の試合のみ。

どんな雰囲気の練習になるのだろう・・・・

そして来週、どんな試合になるのだろう・・・・




ヘッドコーチ・・・ボランティアで子供達に時間を費やしてくれている。いろいろ思いはありますが、正直それだけで感謝してました。  

大変失礼ですが・・・かき乱さないでいただきたい。

子供達に、監督の言うことは聞かなくていい!なんてことはいわないで欲しい。

これは監督の人柄とか指導方法とかそういう問題ではなく、そんなこと言っちゃダメだと思う。

この言葉で、子供がどんなに混乱するかわかっているのか?!

最終的に、ヘッドはどうしたいんだ!!!!


さっぱりわからん(><)




コーチと監督の合致点が見つかってくれれば・・・・・

今はそれだけを祈ってます。



ただ、私は指導者ではないので・・・・

祈ってます・・・・

このお互いの葛藤が最終的に良い方向へ向かっていくこと・・・

ただ、祈ってます・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
保護者の方のご意見

私(一応コーチ)と違った角度で少年野球を見ていると、違った意見が見方もあるようですね!この監督像・・・うちの監督と似ている?ような気がします^^
監督は、全ての責任を担っています!それを固めるフロントがしっかりとしないといけませんね^^
とうさん
2006/11/02 15:57
たぶん指導者間にもさまざまな意見の違いは発生することと思います。
でも一父母にそれを(苦しくても)打ち明けると現場は混乱しませんか? やはり役割分担ってあると思います。 ウチの監督がよく言うのは「ボクは怒っていない。叱ってるんだ」っていう言葉。
感情の捌け口なのかそれともきついお叱りなのか・・では全く意味が違います。
そしてフォロー役を引き受けているコーチはベンチ内の立位置まで考えています。(監督とは必ず距離を置いている) これで監督はきついことも言えるしコーチは思い切りフォローできるみたい。
子どもは意外ときちんと受け止めていると思います。 指導者会議が必要ですね。
健の母
2006/11/02 18:45
<とうさんへ
それぞれの野球感を持ったボランティアの集まり・・意見の対立、指導法のちがい・・・あって当たり前なんですよね。
いろいろあることが、間違いだとは思わないんです。
でも、子供を見ていただいている立場で勝手を言って申し訳ないのですが・・・中のドタバタをあえて外に向けて発しなくてもと思ってしまいました。
私はただの母です・・・どうなるのでしょう(TT)
ゆきだるま
2006/11/02 19:37
<健君ママへ
そうです・・・混乱します。不安になります。
だって、私達は何にもできないし・・・・
そしてどのような意図があるのかわかりませんが、あっちこっちで言ってるらしく・・・
どうしたいんでしょう・・・・(><)

もうすぐ今年度最後の大会です。
そして、来年は最終学年です。

「一致団結!」
子供にだけ求めちゃダメですよね。
親も指導者も・・・

良い方向にむかってくれることを祈ってます。
ゆきだるま
2006/11/02 19:43
良しと思ったことがお互いの方向性の違いから対立することってありますよね。指導してくださる方も自分がやってきたこと考えたこと・・子供のためにと頑張っているんでしょうが統一性が無いと混乱を招きます。指導者同士ドンドン話し合って欲しいですね。
純也の母
2006/11/02 19:47
<純也君ママへ
みんなが良い方向を求めてるだけだと思うのですが・・・

萎縮・・・子供よりベンチだったのかなあ・・・
「殻」をコーチたちも抜け出して<話し合おう!>となっているのかな?!

そう思いたい・・・いち母です。

保護者より、監督に言おう!ヘッド君!!
(ヘッドは若者なのです・・・)
ゆきだるま
2006/11/02 19:55
家庭では、厳しい母親と優し父…あ、逆?!(笑)
職場でも、ワンマンな社長と心配り上手な部長…こんな関係が理想なのかな。  若者コーチ君!思い切って!直接!!監督と衝突してみて下さい。
今のやり方では…確実に悪い方向に進んでしまうよね( ̄0 ̄;  きっと、誰かの口から監督に伝わって、監督サイドから声をかけてもらえるのを待っている様な気がするんだけど…きっと?!この監督さんだと…逆効果?!になると推察されます(>。<) あくまでも・・・推察だけどね(苦笑)
jack
2006/11/03 19:20
<jackさま
するどい!その通りだと思います。
ヘッド自身が逃げないでくれることを祈っています。

最近祈ることが多くて・・・出家してしまうのかと勘違いしそうです(><)
ゆきだるま
2006/11/04 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベンチの不安・・・ ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる