ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS たくさんの方々の支え

<<   作成日時 : 2006/12/05 16:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 土曜日・・・なんだか練習開始とともに土砂降りの雨
 見る見るうちにグランドは池になってしまい、練習は中止に。

 日曜日は、近隣チームとJr、5年、6年それぞれ練習試合。

 この日私はPTA関連の行事のため、午前中は別会場へ・・・


 5年生の試合の途中にようやくグランドへ・・・

 Jrの試合には間に合いませんでした
 
 どうやら、シンはこのチームで最終回初マウンドに立ったらしい・・・(スーパーJrではちょっと経験)

 本人はワクワクで、かえってからも興奮を語ってくれました


 ユウは公式戦も終了したということで、前日より

 「明日は練習試合なので、無理しないでベンチだぞ」

 と監督には言われていたらしい。


 試合途中、エースリョウちゃんがランナーで出塁時、ショートとのクロスプレーで足を負傷のハプニング。

 そんなこんで、なんだか落ち着かないかなり不安定な試合内容だったようだ。

 誰かが欠けている・・・だけではない、まだまだ何かがかみ合っていないようなベンチ。

 そしてその影響が出ているのか、ちがうのか、なんだか乗り切れない子供達・・・

 問題はきっとまだまだ解決しているわけではないのだろう・・・


で、月曜日午後から部長がユウと私を病院へ連れて行ってくれた。

実は、私この部長と・・・GWのバーベキューの時、ちょっとやっちゃいまして

 GWのバーベキューはうちのチームの恒例行事です。


 皆様もまわってきた頃、私は数人のママとちょっと休憩していたところに、この部長の登場!

 も入り、けっして普段から口が良い人ではなかったのですが・・・

 なんやかんやと語り始め、話は春休みの部長練習の話に・・・

 私は感謝していたんです・・・この練習はシンもお世話になっていたし・・・


 Jrの頃、人数が例年になく多かったため、「A]と「B]にチームを分けていました。
 
 そのなごりを、5年になっても引きずってるような部長・・・


 「春休みはBの子を思いっきり鍛えて、お前達においつくんだからお前達は来るなよ!」

 ユウたちは部長にそういわれていたのです。

 なのに、

 「あいつらは、一度もこなかった!」ってかなりご立腹!!

 「だって、来るなって言ったじゃないですか!」と反撃するも、

 「やりたかったら、来るなといわれても来るもんだ!」 とか、言い始めるし・・・

 そして、5年チームになって、AチームBチームの分かれ目もなくなったのに、何かにつけ「B]だ!「A」だ!と区別していることに私の何かがプチッと切れちゃって・・・

 私はユウがAチーム、シンがBチームだったこともあり、Bのユウの同級生の話もよく耳にしていた。

 正直、「勝つ」事を目標に結成された「A]と、野球を覚えていくことが目標の「B」

 なんとなく1軍2軍の雰囲気もあり、すべてを前向きに受け止めるのも大変だったと思う。

 
 それでも 「今年はここでがんばって、来年みんなに追いつきたい!!」

 みんな5年になった時、同じチームで肩を並べてプレーすることを目標にがんばってきたのだ。

 そして、5年になって一つのチームになって・・・もう「A]もなくて、「B」もないのです!!

 「A]じゃない!「B」じゃない!! みんな一つなんです!!

 泣きながら訴えてたしまった私・・・

 正直、あの時は「この偏屈親父!!」とも思ったけど・・・・


 その後、しばらくたったある日・・・

 部長とは20年来の付き合いのある会長がやってきて・・・・

 「口は悪いけど、あの人ほどうちのチームのこと思ってる人はいないんだよ」って言ってくれたのです。


 その後、部長は口の悪さと不器用さが災いしてか、指導者内部でもいろいろあるみたいだけど。


 でも私の中ではなんだか、会長からいただいた言葉で、何かがすーっと抜けちゃったのです。

 その後、夏の全市大会の我が家の帰省問題の相談なんかしても、とっても暖かく理解してくださったり・・・ あったかいけど、不器用なひとなんだよなあ・・・



 そしてこのたび・・・・

 診察と同じくらい不安だったのは、移動の車中だったんだけど。

 不思議なくらいいろいろな話をしました。

 教え子の話、息子さんの話。近隣チームの話・・・・



 そして、診察は・・・・

 やはり直りきらない肉離れだったようです。
 
 ただ、筋肉が固まっている状態ではないので、12月中は自宅でのストレッチのリハビリでよいと言われました。

 来週は6年生の卒団式。

 5年対6年の試合もあるんだけどな〜〜の未練の私に・・・

 「そのぐらいガマンせい!」と部長にはニコニコ顔でしかられちゃいました


 今回のユウの足の件で・・・

 この子は本当にたくさんの方々に支えられて野球ができているんだ!と強く強く実感しました。

 「しっかり直すこと!」が恩返し

 12月はおとなしくしていましょうね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ユウ君心配ですね!12月中はストレッチのみでは精神的に辛いと思いますが、この時期に出来ることを見つけて親子でチャレンジされてみては?

グランドに顔をだすのは辛いと思いますが続けてください^^
とうさん
2006/12/06 12:53
ほんと、いろいろあるね〜〜(^^; まあ、今回は『雨、降って地、固まる!』って感じなのかな。少なくとも、ゆきさんにとっては。  不器用でも人生、うまくいくのは≪高倉 健さん≫だけだからね(笑))
チーム内の雰囲気が上手くいく為にも!ゆきさん…頑張って!! 部長さんの良い所を理解している、お母さんの一人として! ママさん達と指導者側とのカスガイになれるのは、ゆきさん!あなたです!(^0^)b…と、言っても、決して大袈裟に考えることはナイんだよ。 自然体でいいんじゃないかなあ…。 きっと、他のママさんにも、気持ちは伝わると思うよ♪ 
ps…自分もブログ開設しましたあ! よかったら気晴らしに遊びに来て下さい(^−^) 『jack親父の加齢な毎日』です(笑)
jack
2006/12/06 22:31
<とうさんへ
もう日常での痛みはないので、意外に普段は好き放題です(ーー;
そう考えると、野球での瞬発力って日常の動きとはかなりハードさが違うのだと実感してしまいます。

グランド・・・行くなといっても行くでしょう。
一歩引いて冷静にチームを見ながら、自分の役割をもう一度考えていく機会になってくれたらと思います。
ゆきだるま
2006/12/07 20:06
<jackさま
バーベキューの時は結構派手の部長とやっちゃったもので(><)、私が部長のこと大嫌い!!と思っちゃってる方もいるのでは・・・とちょっと心配(^^;
でも、お互いがわかりあえればもういいか!なんてことも思えるようになったり・・・

やっぱり自然体を大切にしていきたいです・・・

P.S ブログ開設はwebryですか?なかなかたどり着けないよ〜〜

ゆきだるま
2006/12/07 20:11
http://coron-jack.at.webry.info/ これがアドです(^^; うっぷん晴らしにど〜ぞ(笑)
jack
2006/12/07 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
たくさんの方々の支え ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる