ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 満木先生とごた〜いめ〜ん(^^)v

<<   作成日時 : 2006/12/14 19:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
12月上旬、プーミーさんより
「満木先生、関西に行くらしいよ!」
とメールをいただきました。

え〜〜〜!!本当に!本当にいらっしゃるのでしょうか・・・お会いできるのでしょうか・・・

とりあえずメールを送らせていただき、治療のお願いをしました。



10月下旬に、やってしまったユウの左太ももの「肉離れ」。

まだまだ公式戦の真っ最中で・・・

だましだまし・・・だましだまし・・・週末の試合を乗り切っていました。

しかし、試合のたびに足を引きずってかえってくるユウを見ると、

ストップさせるのは私・・・でも試合が・・・

と、身勝手なジレンマに悩まされていました。



11月後半・・・見るに見かねて、以前からブログを拝見していた「満木先生」にお助けメールを送らせていただきました。

先生は本当にすぐに返信くださり、私の見えないわけのわかんなかっただろう説明に、的確に答え治療方法を教えてくださいました。

11月後半の公式戦を乗り切れたのは本当に先生のおかげでした



そして、12月のプーミーさんからのメールで知った先生の来神の件。

すぐさま先生に連絡を取らせていただきました。


が・・・「治療・・・???」

実はユウの足・・・11月下旬で公式戦が終わってから、監督・コーチから「安静」令がでて、ユウが練習試合等に参加することはありませんでした。

なので、時間も経過していたということもあり、痛みはほとんどなくなっていたのです。

ユウには、足の治療というより

「野球の大好きな先生が、肘や肩を痛めない正しい投げ方を教えてくれたり、体のバランスのとり方を教えてくれるんだけど会って見たい?」

と話してみました。

もちろん彼は目をキラキラさせながら


「うん、会ってみたい!!」と大きくうなずきました。


忙しい日程を調整していただき、水曜日の2時に最寄駅でご対面。



考えると、今までにない私の行動力です。

一度もお会いしたことのない方なのに・・・

でも、先生のブログや、そしてなにより皆さんからの

絶対!!診ていただいたほうがいい」

のアドバイスに・・・(と、いっても皆さんにもお会いしたことないんだけど^^;)

ぜったいの信用を持ってお会いさせていただきました。



最寄駅のすぐ前は、来年から完全に大阪に移行してしまう、昔は「イチロー」の、今は「キヨハラ」の球団の球場があります。

興味深そうに球場を眺める、カメラにおさめる先生の姿に・・・・

「この人本当に野球すきなんだなあ・・・」なんて感心してしまった私。

思わず、

「中入って見ます?」

とお誘いすると、ワクワクした野球少年のように

「入れるんですか〜?」

の笑顔


球場の展望レストランは、惜しくもラストオーダー2時までだったので、ゆっくりすることはできませんでしたが、レストランには侵入させていただき(もちろん許可済み^^)、天然芝の球場を御覧いただきました。



我が家に到着すると、ユウとシンがいつもより早く学校からかえってきたようで、玄関にドタバタとお迎え


ワクワクのシンに、心はワクワクのはずなのにド緊張のユウ。

早速、ボールの投げ方の基本なんかを、狭い(><)家の中で指導していただきました。

肩と鎖骨の関係に・・・なにより私が感動 



夫が帰宅後、

「肩を動かすと鎖骨も動くんだよ!」と得意げに話す私に

「そうだよ」のあっさり返答

忘れてました・・・あなた理科の先生だったよね・・・専門とは言わないまでも、知識はあるんだ〜

「まさか、うそ〜!!とかいってないよね?」



「言いました・・・感動してました。だってしらなかったんだも〜〜ん

「・・・・・・」


もしかしたらというか、完全にあきれてたかも


でも、先生の話やユウやシンの様子はとても興味深そうでした。

多分、本当は自分もいろいろ聞きたかったのかも




その後、家の中での基本レッスンを終え雨の隙間をくぐって公園へ・・・・


先生とキャッチボールをしながら、ユウもやっとリラックス(^^;

その横で「ぼくも見て!!」オーラを盛んに出すシン。


この性格・・・やっぱり足して2で割りたい母でした(−−;


もう一度家に戻って、ユウのからだの治療をしていただくと・・・


やっぱり、骨盤がゆがんでいたり、左右の足の長さが違っていたり

「ゆらゆら」の治療を教えていただきました。



指導者の方は、練習しているとその子の野球への思いの度合いがわかるといいますが、子供も実は大人のことがすごくよくわかっていると思います。

この人は、

本当に野球が好きなのか、

なんのためにここに来てくれているのか、

その人の言葉の重み、

グランドでの動き。


意識してないだろうし、言葉で説明もできないかもしれない。

でも、子供はみんなわかっているような気がする



だから、ユウもシンも先生の大ファンになってしまったようです


けっして、表現するのが上手ではないユウなんだけど、

先生が、「来春、甲子園に来るから、また会おうね!!」

の約束に、今からワクワク楽しみにしているようです


先生を最寄り駅までお送りして家に帰ると、

二人は暗くなった窓ガラスに姿を映しながら、教えていただいたフォームをしながら

あーだ!こーだ!と楽しそうに言い合っておりました。


足を痛めてから「思いっきり体を動かす」ということから遠ざかっていたユウ。

汗をかくことが苦痛ではない子なので、「思いっきり」できないことのストレスは私の想像以上だったのかもしれない。


ただ、今は再びおもいっきり「野球」がしたくてしたくてたまらなくなっているようです。

先生にいい報告ができるように、この冬親子で「ゆらゆら」しながら万全の体調へと持っていきたいです(^^)v

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
満木先生の前向きさとあの笑顔に・・・
大人も子供もイチコロになりますよねぇ〜^^
「ゆらゆら」は本当に気持ちがいいようです。
我が子のための"技"なのに・・・我が家では妻が私に一番「ゆらゆら」されています^^
さとる
2006/12/14 21:32
ほんと、凄い先生なんですね〜! 凄いの一言! ユウ君にとっても、いろんな経験、辛い体験が、いい勉強・経験になり、将来のためには、今のちょっとの辛抱を克服できたことが、『宝』となるんだろうね♪ 勿論!ママさんにもね(^0^)/
jack
2006/12/14 23:22
<さとるさんへ
満木先生・・・本当に「少年」のような方でした。
いいですねえ・・・奥様にゆらゆらしていただいてるんですね(^^)
我が家は・・・私息子にしてもらってま〜〜す!
ゆきだるま
2006/12/15 19:42
<jackさま
自分の体が思うようにならない・・・彼にとっては初のジレンマとの戦いだったと思います。
ですが、自分はたくさんの方々に支えられて野球ができていることを認識できるよい機会だったとも思います。なんでも一人じゃできないもんね(^^)v
ゆきだるま
2006/12/15 19:45
ゆきだるまさん、先日はスタジアムの案内ありがとうございました。
とてもいい球場です!やはり屋根の無い天然芝が良いですね。日本ハムファイターズタウンも同じですが、2軍施設ですから、余計なものが何も無いシンプルな球場です。
(だから、好きなんで好きなんですけれど・・・。)

二人のお子さんがニコニコ顔で野球をしている姿をみて、とても楽しい時間をすごすことができました。ありがとうございました。

かかと痛もこれからは心配せずに野球をしてくださいね!

来年またお伺いします!
そのときはよろしくお願いします。
満木 月風
2006/12/16 23:38
<満木先生へ
先日は楽しい時間を本当にありがとうございました。
「ゆらゆら」しながら、そういえば最近ユウと向かい合いながらゆっくり話してなかったなあ・・・なんて反省してしまいました。
体だけでなく、心にも優しい「ゆらゆら」ですね!

来春はぜひ神戸の隠れ名所もご案内いたしますね(^^)v
ゆきだるま
2006/12/18 14:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
満木先生とごた〜いめ〜ん(^^)v ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる