ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 感謝のあらわし方

<<   作成日時 : 2007/01/27 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 
 少年野球の指導はボランティアです。

 父兄コーチはもちろん、OBコーチは家族とは別行動で週末を子供達のためについやしてくれています。

 何か御礼を・・・と思っても、

 「好きでやっているんだから、気を使ってもらう必要はない」

 といってくれます。

 「自分達のためになにかするんだったら、子供達のために何か考えてくれ」

 とまで言ってくれます。


 本当に感謝!感謝です。


 でもきっと指導者の方々は、感謝されたくてやっているわけではないでしょう。


 ・・・・人それぞれの受け止め方、感じ方、さまざまあるでしょうが・・・


 子供をみていただいてる、保護者の立場もさまざまで。


 夫が父兄コーチであるか否かによっても、指導者の方に対する思いも様々だと思います。


 我が家の夫は、父兄コーチとして参加できる状況ではないです。


 なので、余計に子供達が気持ちよく野球に専念できたり、その他の活動が出来ることは大前提ですが、指導者の方にもなにか感謝をあらわせたら・・・なんて思ってしまうのです。


 指導者の方にすると、そんな気持ちって余計なお世話なのかなあ・・・?


 どうなんでしょう?


 何かのレクレーションの時に、ちょっと指導者のためにおもてなしをするってことは、恐縮してしまうのかな?


 また、そんな風に考えることっていうのはおかしいのかな?


 なにかひとがんばりするって、手間も時間もお金もかかる。


 ただ、いつも子供達がうれしいことをそのまますべて大人も同じにするのはどうなんだろう。


 主役が子どもなのはよくわかります。

 
 別に指導者の方の機嫌をとったり、たてまつるつもりはありません。


 ただ、いつも本当にありがとうございます!って思ってる気持ち、ちょっとでいいからどこかで形にできたらとも思うんだけど・・・

 
 そんな気持ちもみんなの前でぶつけられない軟弱な私

 
 自分の思いを、他の人の負担にしてしまいたくないずるい自分がいるのです。



 みんなでなにかするって本当に難しい・・・


 やっぱり、それぞれの考えかたもあるし、温度差もあるもんね。




 「何をぶつぶつぼやいてるねん?」

 
 ただ今、高校受験用の資料と戦っている夫が、不思議そうに覗き込みにやってきました。



 私のひとり言よ・・・ 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね〜。本当に難しい。
感謝の気持ち・・・。
最終的には子ども自身の取り組み方だとか出来なかったことが出来るようになった時、子どもが「指導者の皆さんのおかげだ」って素直に思えるように親が導いていく・・・・って事になるんでしょうか。

組織の中でみんなが同じ思いで感謝してるかどうか・・・
ビミョ〜〜に違ったりするとまたそこに別の難しい問題が出てくるしね。
ただ「指導者には頭が下がるし 感謝だね、」っていう言葉をチームのほかの方に発信することが感謝の輪を広げていけるのかもしれません。あくまでも言葉での発信が次に繋がるのでは???
健の母
2007/01/27 23:36
凄く難しい問題ですね
保護者同士もそうでしょうが指導者サイドも色々・・ありますからね・・・
感謝の気持ちと言葉の発信!そこからでしょうね
健君ママの言うとおり!!
気持ちを形に変えると、強制になったり恒例になったり・・
ホント難しい・・
純也の母
2007/01/28 11:24
ゆきさんの気持ちは、よ〜く分かります(^−^)
感謝の気持ちを形で表したい。
誰でも、思う事だよね。
指導者の方は、とても立派な人であり、本当に少年野球を指導することに情熱を燃やしてるって感じだもんね!
もし…自分が、指導者さんの立場だったら…
子供達が書いてくれた『手紙』が、一番!嬉しいかな(^0^)b きっと・・・涙ぼろぼろ状態で何度も読み返しそうな気がしますよ〜(笑)
jack
2007/01/28 18:33
毎週毎週、元気な子供達が一生懸命に野球をしてくれる!姿を一番近くで見られるので、一緒にやっている側としては楽しくて仕方ありません。

お願いしたいのは、もうちょっとやる気を全面にだせるように子供の尻を蹴っ飛ばして?ください^^

それとなるべく子供達が頑張っているところを見に来てあげてください^^
とうさん
2007/01/29 11:55
<健君ママへ
集団ってのはさまざまな人がいるから楽しいけど、さまざまな人がいるから難しいんですよね。
自分に出来ること、ちょっとづつからでも発信していきたいと思います(^^)
ゆきだるま
2007/01/29 22:00
<純也君ママへ
>気持ちを形に変えると、強制になったり恒例になったり・・

そう、これなんです・・・好意が好意ではなく、負担になるのが一番つらく難しいとこですよね。
まずは思うことから、そして出来ることからですね(^^)
ゆきだるま
2007/01/29 22:03
<jackさま
形のないものを形にするって本当に難しいです。
それぞれに思い描く形が違うので・・・
まだまだ、試行錯誤・・・壁にぶち当たりながら強くなっていきます(^^;
ゆきだるま
2007/01/29 22:06
<とうさんへ
本当にとうさんのように思ってくださる指導者の方々によって、少年野球ってなりたってるんですよね。
ただ、預けてるだけじゃなく、なにかちょっとでも力になれるようにかかわっていきたいです。
ゆきだるま
2007/01/29 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
感謝のあらわし方 ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる