ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 全員野球・・・

<<   作成日時 : 2007/08/24 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 先日・・・部活から帰ってきた夫が、その日の出来事を話してくれた。


 部活の最中に、


 「お前らのいう、全員野球ってなんなんじゃ=!!こんなんで練習しても意味ない!もうやめだ!!明日の練習もなしだ〜!!!」


 と叫び、部活を終了(中断?)し、職員室に戻ってきたそうな・・・



 その後、生徒諸君は全員職員室の前に並び、新キャプテンが夫の説得にやってきたそうな・・・


 「お前達が考えて、お前達が決めたモットーなんじゃないのか!」


 夫はそんな言葉を投げかけたそうな・・・




 新チーム発足直後、夫は生徒諸君にこれからの自分達の野球のモットーを考えさせたそうな。


 「前チームの成績は関係ない(最後の夏の市総体3位でした^^v)。お前達が大事にしていくこと、自分達の野球のモットーを考えろ」


 新キャプテンを中心に考えた彼らの今年のモットーは


 全員野球



 新キャプテンは廊下に出てきた監督さんに、本日の反省と明日からの課題を口にし、何とか(^^;監督サンを説得したそうな・・・  キャプテンは大変だ・・・



 なんとな最近敏感になっていた 「全員野球」 って言葉。


こんなにもタイムリーに夫の話題に出てくるとは思わなかった。



 

 ユウたちのチームのモットーも 「全員野球」だったはずだ。


 しかし、本当にそうなんだろうか・・・っていうムードが漂い、不幸にもあんなに一生懸命になっていた全市大会で一気に加速してしまったいや〜な雰囲気。




 全員野球かぁ・・・・





 「あなたの考える全員野球ってなに?」


 夫になげかけてみた。



 「全員が1球に集中する野球かな」


 

 「試合に出てるとか出てないは関係ない。みんなが試合でも練習でも一つのことに、1球に集中できるかどうか・・・かな」


 そして夫は続けた。


「全員が同じ練習をするとか、全員が試合に出るとか、それを全員野球と思う人も多いだろうけど・・・全員が同じくらいの集中力を持とうとすることの方が大事な気がする」






そうかあ・・・



 今私の頭の中は、いろいろなことでグチャグチャになっている。


 ただ、あの子が好きな野球を一生懸命している姿を見たいだけなのに・・・



 チーム結成から2年半の時間が、今けっして前向きには進んでいない気がする。


 全市を超えられたら、きっと前向きに何かが前進していってくれると信じていた。




 が・・・ 保護者の指導者に対する 「?」 は全市大会をきっかけにマイナスに大きく膨らんでいるように感じる。


 当の本人の子どもたちはどんな風に感じているのだろうか・・・・






 残り4ヶ月・・・たくさんの思い出をと思うより、早く時が過ぎないかと感じてしまう今だ。



 今は誰の話を聞いてもうなずけるんだけど・・・どこか気持ちの中につらさと重さが残る。



 それぞれの大人の思いが、錯綜し、混迷し、すれ違っている。



 そう、それはすべて大人の思いであって、野球をしている子どもたちの思いとすべてイコールではないはずなのに・・・





 来年・・・ユウはどこで野球をしているのだろう・・・


 出来るなら、たくさんの大人の思いで潰されない場所で野球をしてほしいと思ってしまう。


 それは、どこなんだろう・・・




 私が、もっと私自身としてしっかりそこに立っていられるならば・・・こんなに私の頭の中はぐるぐるしていないんだろうけど・・・



 最後は自分の弱さに自分がもがいている・・・


いつもながらに自業自得の私だ(><)



 日曜日は新たな大会のスタート。


 明日は久しぶりにお家のお掃除をしっかりしよう!


 こんな荒れた我が家にいるから、余計に私の心もすさんでしまうんだろう・・・



明日はお掃除がんばるそ!!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
>残り4ヶ月・・・たくさんの思い出をと思うより、早く時が過ぎないかと感じてしまう今だ

うんうん。わかる気がします。
本来ならラストスパートをかけて突っ走っていって欲しい時期。私もこの時期・・・かすかに少年野球はもう、おなか一杯!!って感じたこともありました。

中学に入ると少年野球がとても特殊なスタイルだったことに気付かされます。主役は子どもたち、っていつも自分に言い聞かせながらの日々っていうことは結局それがなされていないから、だと感じていました。
でも上を狙えば狙うほど親や指導者の考えも熱がこもってきますからいろんな事が目に付いたり耳に入ったり・・・。
次のステップの為に一つ一つの試合で学ぶべき部分を学んで(選手はね)親はドライになる部分はドライに、どっぷりとはまる部分ははまって熱く過ごしましょう。終わってみるといい思い出ばかり浮かんできますから。頑張れ!!
健の母
2007/08/27 10:58
ごめんなさいね。ゆきだるまさんの具体的な悩みは分らないけれど、健君の母さんと全く同意見。私も、少年野球はもうお腹いっぱいって思った事ありました。嫌な事も頭にくる事も沢山あったけれど、離れた今となっては楽しい思い出ばかり浮かんで来るし、あの時の自分はいったい何だったんだ〜って。

そして、ボーイズに息子が進んだ今、あの時よりも冷静になってる自分がいます。そして、心がちょっぴり広くなったかな・・・。
どうかどうか、残りの4ヶ月楽しんで欲しいと思います。
ハッシー
2007/08/27 17:03
<健君ママへ
おはようございます!コメントありがとうございます。
子供達は自信を持って先週末の試合に向いました。
そう、子どものことを考えているようで子供のことを見ているようで、結局気になっているのは大人の動きのような気がする私です。情けない・・・
「勝ちたい試合」と「勝たなければならない試合」は違いますね。最終学年になると、指導者は後者になりがちなのはしかたないのかもしれませんが、保護者の目は・・・
けっして私自身のことでもユウのことでもないですが、なんとなくお腹いっぱいです。
やっぱり健君ママがいうように、ドライになる部分と熱くなる部分のバランス大事ですね(^^)
私が後ろ向きになってもしようがないもんね!!
ありがとう!がんばります(^^)v
ゆきだるま
2007/08/28 07:54
<ハッシーさんへ
おはようございます!コメントありがとうございます。
なんとなくすべてを書ききれないブログなんですが・・・みんなそれぞれにお腹いっぱいの時期ってあるんですね(^^;
子どもの思いよりも、大人の思いが強いのも少年野球なのかなあ・・・
ただあの子は野球が好きで、野球がやりたくてそこにいて、その延長に私がいるんだから、少し落ち着いて見ていようと思います。
「楽しかったヨねえ」・・・終わった時「みんな」笑顔でそういいたいなあ・・・
のためにも、今は前向きにがんばります!!
ありがとうでした(^^)
ゆきだるま
2007/08/28 08:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
全員野球・・・ ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる