ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 明暗・・・HR杯一回戦

<<   作成日時 : 2007/08/28 08:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

暑い暑い夏休みです。

土曜日は・・・母「お掃除DAY」と覚悟を決めるも、なかなかはかどらず・・・

そんな午後・・・練習を見に行っていたママから連絡をいただきました。


なんと・・・ユウダウンです。


連れて帰ってきていただきました。


別名「太陽電池」と呼ばれる子。

太陽が照り付けるほどパワーアップされるはずでしたが、太陽で破壊されちゃった模様・・・


帰ってから発熱はありませんでしたが、冷えピタはって、脇と首を冷やし、涼しい窓側にマットをひいて横にさせると、ぐっすり2時間熟睡していました。


なんとなくまずいかな・・・と思ってた数日前。バレーボールの試合の後、「頭が痛い」っていってたっけ・・・


その後よく聞くと、おなかの調子もあんまり良くないようで・・・


風邪気味で・・・尚且つ暑さにやられちゃった(><)って感じでしょうか。



日曜日は、全市明け初というか、早速の公式戦。

とにかく前日よりぐっすり寝て、

朝は、「納豆+おくら+梅肉+ゴマ+カツオブシ」を混ぜ混ぜしたものをご飯と一緒にしっかり平らげレッツゴー!!


朝一番の試合は、シンも参加する5年生チームの試合。


さて・・・


体調の悪い子がいたり、夏休みの旅行でお休みの子がいたりで、この日なかなかメンバーの揃わなかった5年生。

久しぶりの試合ですが、わくわくの気持ちよりも暑さでばててる?


こんな状況にイライラの5年監督。

なんだかかなりモード。


試合開始後も子ども達のテンションはいっこうに上がりません。


こんなかな、ユウだったら声を出し、ムードを盛り上げるなんてことは出来ないんだけど・・・



シンは元気に野球がしたい子で・・・なんだか必死になって声を出し、ボールに向かい、グランドを走り回っていました。


4回裏、5年生の公式戦で初のマウンドに立たせていただきました。


真剣な「いっちょまえの」の姿に・・いつまでも私の腕の中にいた次男坊の面影はなく・・・

あ〜大人になったなあ・・・なんて感傷に浸る母でした(^^;


結局試合は0−6のコールド寸前の完敗でした。



その後私は、近くの公園で練習するユウにお弁当を届け、お茶の補充と氷を買い足し、再びグランドに帰りました。


そのとき、なぜかグランドにもう5年生の姿はありませんでした。


5年監督のお怒りは試合後沸点に達したらしく、5年生はお家へ強制送還となりました。


来週の練習・・・大丈夫かなあ・・・・



その後6年試合までの空いた時間に、Jrチーム(4年以下)の練習を始めた部長。


来週はJrの初公式戦です。

子どもの数、指導者の数、指導者の配分等さまざまな問題で今年度は見送られていたJrチーム。

今大会部長が半ば強引にエントリーしちゃって・・・


なんと、今年度は部長がJrを見てくれるんだそうです。


ピヨピヨ達、部長の「口」に負けるなよ〜!!



そんなこんなしているうちに、対戦相手も到着し、6年試合が始まりました。

わくわくよりも、どんな試合、そして内容になるのか不安がいっぱい。


試合の内容と同じくらい・・・ベンチの様子、ママ達の雰囲気が気になる・・・


なんだか、私が何を思おうと感じようと子供達の野球は変らないのに、私は何を考えているんだろう・・・自己嫌悪(><)


試合はいつもの先攻で始まりました。


相手Pの乱調によってか、ファーボールで出塁したユウ。

塁に出たら走って走って、ホームまでかえってきます。


みんなボールをよく見てファーボールを選んだり、ヒットを飛ばしたりと1回から打順は1順しました。


先発は本日もユウでした。


なにやら話を聞くと、「1」のトモ君ひじを痛めてるらしい・・・大丈夫かなあ・・・


マウンドではしっかり投げ、みんなの守りにも助けられ無得点でしのぎましたが、最終回久しぶりのアイちゃん登板。

ファーボールが続き、ランナーがたまったところでショートへのゴロ。

ユウそのままセカンドへ入り、ファーストへゲッツー狙いで送球・・・

が・・・大暴投(><)


この間に1点献上・・・


1球を謙虚に大事にしていきましょう。



試合は10−1 一回戦無事突破です。


なるべく人の思いに敏感になり過ぎないようにと意識した試合中の私。


私なりの違和感は正直「大」ですが・・・


子どもたちの野球・・・ってことだけ大事にしながらしばらくは時を過ごして行こうと思います。




来週もみんながんばれ=!!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
全く同感ですね。
人の思いにある程度鈍感にならないと
神経、まいってしまいます。

勝つためにだれかを選んだり、
方法を選んだり、すごくそれって
満場一致で受け入れられる選択では
ないんですよね。

今は見守るしかないかな。
ほんと卒団するとなぜか
楽しかった事ばかり思い出されます?!

がんばれ、こどもたち。
HR杯がんばりましょう(^^)V



まるまる
2007/08/28 19:43
強制送還・・・ありましたありました。
不甲斐ない態度だったりすると<もうお前達とは野球はやらない!!>なんてね。
黙って従う子や意地になってそのまま居残り練習に参加する子や・・・・ その都度親はイライラハラハラしました。
気持ちを見せて欲しい、っていうのが指導者の意向なんでしょうか? 
いろいろありますよね・・・・。

大きな大会での敗戦直後、強制送還を言い渡されたことがありました。
なんかそのやり方に腹が立って グラウンドからの帰り道、他のお母さんと「監督のバカヤロ〜〜〜!」って叫びながら(車の中でね)スッキリ気分転換をしたことがありました(笑)
面と向かってはいえないから 誰にも聴こえないところで叫んでストレス発散しました。懐かしいなあ。
健の母
2007/08/28 23:24
<まるまるさんへ
おはようございます!コメントありがとうございます。

>勝つためにだれかを選んだり、方法を選んだり、すごくそれって満場一致で受け入れられる選択ではないんですよね。

まさにそれです!そうなんです・・・また指導者の目線と保護者の目線は違うからねぇ(−−;

いろいろありますが、大会はスタートしました!まずは前を向いて進んで行きます!Jr君もがんばってね(^^)v
ゆきだるま
2007/08/30 07:30
<健君ママへ
おはようございます!コメントありがとうございます。
「強制送還」・・・実は監督の勢いがすごくて、みんな素直に帰っちゃったらしくて・・・
でも5年の監督の性格を考えると、食いついてきて欲しかったんだろうなあ・・・とか・・・
いろいろ思いながらも、何ゆえ私はこんなに大人の動きに敏感になっているのやら・・・とちょっと自分に呆れたり。
これも過ぎれば良い思いで?!
で、ありますように・・・(^^;
ゆきだるま
2007/08/30 07:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
明暗・・・HR杯一回戦 ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる