ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋風冷たい・・・準決勝

<<   作成日時 : 2007/10/21 12:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

この2週間ほどで一気に気温は下がり、季節はすっかり秋。

読書の秋!食欲の秋!・・・そしてスポーツの秋。


今までアンダーシャツが半そでであった我が家の野球少年たちも、今週よりようやく長袖アンダーシャツを着て出かけるようになりました。

今週末は、秋季大会の決勝リーグ。

土曜日準決勝・・・勝てば日曜日決勝。


どんな大会も最終日まで試合ができるって、「忙しい!」っていいながらも、やはり気分は↑

気分は前向きに・・・のはずですが、Jrから通してこの大会、最後にいい思い出のないわがチーム。



Jr ・・・ 決勝リーグに進み、気持ちはすでに決勝の相手の心配ばかりしていました。

準決勝は「いけるだろ!」・・・そんな思いがあだになってしまったのか、準決勝敗退。



5年 ・・・チームの和がガタガタと崩れ始めていたいた頃。決勝リーグ進出は、予選最終戦まで持ち込まれました。

同点だったとしても決勝リーグ進出可のはずでした。

が、最終回サヨナラの逆転負け。




しかし、夏より大きな自信をつけた選手たち。

先日の予選リーグでまさかの引き分けがありましたが、夏以降練習試合を含め負け無しの快進撃。

「勝てるはずだ」そんなおごりが気持ちの中に出来てしまっていたのかもしれない。


土曜日の準決勝・・・相手は全市大会予選で戦ったチーム。

相手にするとあそこの負けで全市大会出場を阻まれたという思いがあるのでしょう。

選手も指導者もそしてママも、リベンジの思いの必死さが、試合前からビシビシ伝わってきていました。


試合はいつもどうり(?!)先攻で始まりました。

久しぶりの山なりスローボールピッチャーです。

ただの言い訳ですが(><)、うちのチームの苦手ピッチャーのタイプです。


夏以降、速球派ピッチャーのチームとの試合が続いていたため、全くタイミングが合いません。

ユウのバットもさっぱりです。


それでも3回、ファーボールで出塁したユウ。塁に出たら走るだけ!ガンガン走って3塁へ・・・

ツーアウトでしたが、ランナー3塁で、バッターボックスにはナッツ。

ユウが出塁時のナッツの打率は超がつくほど高打率!

ここでもライト前ヒットでしっかり打点1   先取点はうちでした。

しかし1点どまり。

次の回でもランナー2,3塁まで行くも得点ならず。


とらなければならないときに得点できない・・・いやな、変な空気。

でも、選手たちのなかに緊迫したものはない。


リラックスしているというよりは、緊張感がない!って感じか・・・


最終的にここが一番の問題点だったのかもしれない。




3回が終わって4回のマウンドにもユウがいました。

そしてなぜか5回のマウンドにも・・・・


バットはさっぱりのユウでしたが、この日ピッチングの出来はけっして悪いほうではなかったと思います。

三振も多かったので、球数も比較的少なかった感じでしたが・・・


イニングや球数制限のある少年団での経験のため、5回までマウンドにいたのは始めてでした。

2アウトとるも、初めての四球でランナーを出してしまいました。そして次の打者の打球はセカンドへ・・・しかしセカンドのグローブにボールは届きませんでした。


2アウト1,2塁。そして4番打者に打たれてしまった左中間を越える2ベースH


1−1 同点になってしまいました。

そして、2アウトながらランナー2,3塁。 絶体絶命のピンチですが、サードゴロに打ち取ってチェンジ。


追いつかれてしまいました・・・・






最終回表の攻撃、ツーアウトから3番リョウちゃん左中間へのヒット。すかさず走って、走って2アウトながら3塁まできました。

しかし、それでも得点できなかった本日。




最終回、裏の攻撃は相手チーム。


最終回に入る前に、本部にいた部長よりベンチに一言。

球数制限で、ユウの持ち球はあと7球のみのようです。




最終回のマウンドはだれが・・・


エーストモ君。ひじ痛のため、病院へ行きましたが思ったよりも軽症だったようでホッ!

しかし、痛みが完全になくなったわけではないらしく・・・


Jr時よりPとして投げ続けていたリョウちゃんは、ホームの崩れが完全に修正されず、球が走らない状況が続いているようです。


なにより、トモ君もリョウちゃんも傾斜のあるマウンドがあんまり得意ではないらしい。


最終回のマウンドに向ったのはキャプテンでした。

6年になってから、公式戦での登板はほとんどありません。


しかし、そのコントロールにかけてのマウンドだったのでしょう・・・


最初のバッター。いまだに私は何が起こったのかはよくわからないんだけど・・・


キャッチャーナッツがうづくまりました。

顔(マスク)に何かが当った? ボールか?バットか?


これが、相手ベンチの抗議で、なんと打撃妨害を取られて一塁へ・・・

次のバッター、バント・・・ピッチャー、サードともに打球処理に手間取っているいるうちに、1塁セーフ・・・

動揺とざわめきのなかで、ランナーすかさず3塁へ進塁。

ノーアウト、1,3塁。




そして、次のバッターは5回に2ベースをかっ飛ばした4番打者。

打球は右中間へ・・・


ライト追いつくも、グローブに入らず・・・・

が、もしグローブに入ったとしても、落下点の距離からみてもタッチアップは十分可能でした。



1−2× 試合終了・・・


なんとなく、秋のジンクスを打ち破れなかった寂しい最後でした。



やっぱりどんなピッチャーであろうと、打てなきゃ勝てない。

そして、ミスが出た方の負けなのでしょう・・・


そして、一番大切なのはその緊張感を支える気持ちなんだと思いました。




この試合 「勝つぞ!」と思ったあの子たちの気持ちよりも 「絶対に勝ちたい!!」と思った相手の気持ちの方がはるかに大きかったんだと思います。


試合中にリラックスしていることは大事なことでしょうが、張り詰める緊張感を維持することもリラックスと同じくらい大事なことなんだと思います。




帰宅後のユウ ・・・ 自責点を取られ、大事な試合に負けたにもかかわらず大きく落ち込んでいるそぶりはありませんでした。


確かにバットはさっぱりでしたが、ピッチングは2ベース打たれるも悪い内容ではなかったと思います。

が、それは彼が落ち込んでいた場合の、慰める材料であって、彼が自分で満足するのもどうかと思う母。


そして、就寝前に彼に久しぶりに苦言を呈してしまいました。




ユウはグランドにいる時は必死になっている子です。

が、ベンチでの様子にはいつも後ろからなにか物を投げてやりたくなる心境の母です。


彼は相手の癖や球種の分析をするのがわりと得意なほうです。

なので、ベンチではいつも相手Pや守備の動きを仲間に伝えています。


それは大事なことだと思うし、必要なことだとも思います。が、自分の役目をそれだけだと思っているんじゃないのかい?!


どうしても追いつかなきゃならない時、必死に声を出し盛り上げようとするナッツ。

なんでその気持ちになれないんだ!! 

自分の気持ちが上昇しないことが、ムードを下げていること、まだわかってないのか!!

一人声をからし声を出すナッツから離れて、何を分析して隣の子とぺちゃくちゃ話しているんだ!!



自分のことしか考えてなくて、自分の出来にしかこだわってないから、負けたことに対して

「悔しい!!」って思わないんじゃないの!!!



野球の技術については私の口の出る幕は全くありません。

まして、野球の出来ない母の話はまともにユウの耳には入っていかないでしょう・・・



でも、野球は技術だけでなくやっぱりみんなでするチームスポーツで、そのとき何が大事なのかは、人生経験がちっとはある母の方がわかってるんだ・・・って思ってくれたらいいけど・・・どうなんだろう・・・・





今日は朝から青空の広がる秋晴れの一日。本当に野球日和だ・・・


ユウたちはご近所チームと練習試合。最後の大会に向けて、ピッチャーの調整もあるだろう・・・




母は、本日は完全休養日にしてしまいました。





気温もぐぐぐぅぅぅぅと下がり、腰の痛みも一気に悪化(><)



久しぶりのお家での日曜日の本日でした(^^;







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
似てる、似てる。うちのちびと
ユウ君そっくり。そっくり。
違いは打率と飛距離だけか??(うちは打てないですから)
しゃべってないで、
血吐くほど応援せんか〜って
思いますモン。。
母の思いや
悩みも同じですね。

しかし母が何言っても
そしらぬ顔。
野球わからんくせにってな
感じです。だから負けんのよ!!
って険悪な週末でした、うちの場合。













まるまる
2007/10/22 09:32
運動神経の良い子にこのタイプが多いですね!

でもチームの皆に認められている証拠ですよっ!そして声が出ていたら沢山褒めちぎってあげましょう^^
本人もきっと気がつくはずですよっ^^/
とうさん
2007/10/22 17:45
ゆきだるまさんみたいな人がお母さんなんですから、ユウ君、きっと分ってくれますよ。もしかしたら、もう、分っているんじゃないでしょうか。でも、チーム内の事情とか、雰囲気、何かがそうさせないって事はないですか。

私が気になったのは、一人声をからし、声を出すナッツの部分です。確かにユウ君はチームの柱かも知れません。でも、ユウ君だけが問題なんじゃないと思いますが・・。

ハッシー
2007/10/23 16:50
どんなスポーツにも流れがありますよね!!
先に流れをつかむ!
流れを相手に渡さない!
が、出来れば強いチームなんでしょうね!?
ごっち
2007/10/25 21:55
<まるまるさん こんにちは!
コメントありがとうございます。
実は、密かに試合と違う意味で日曜日楽しみにしていたのですが、お互いに・・・(TT)ですね・・・
この時期に母が思う悩みの内容については、全く情けない限りです。
今週は、久しぶりの野球を離れての週末・・・
お互い楽しみましょうね(^^)v
ゆきだるま
2007/10/26 15:45
<とうさん こんにちは!
コメントありがとうございます。
性格とかいろいろあるんでしょうが、そんなことを理由にしていい時期じゃないですよね・・・もう・・・
本当に少年野球カウントダウン。
残すはあと1大会です。
ゆきだるま
2007/10/26 15:47
<ハッシーさん こんにちは!
コメントありがとうございます。
するどいです・・・ドキリとしました・・・
さすがです!!
チームとして何ができるかよりも自分の弱さに流されてしまう・・・一人一人が・・・
それがうちの弱さなんだろうなあ・・・
ユウだけが問題じゃない・・・ありがたいコメントです(^^)
でも、やっぱりユウも問題の一人です(><)
ゆきだるま
2007/10/26 15:57
<ごっちさん こんにちは!
コメントありがとうございます。
流れをつかむ。
流れを相手に渡さない。
なにより・・・流れを自分達で作り出せる・・・そんなことができるようになったチームは本当に強いんでしょうね(^^;
ゆきだるま
2007/10/26 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋風冷たい・・・準決勝 ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる