ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 大事なものの価値

<<   作成日時 : 2008/07/10 08:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

熱中できるもの、思いっきりのめりこめるものに出会えるのって、実はそんなに当たり前じゃないのかもしれない。

まして熱中し続けられるもの、のめりこみ続けられるものに出会うなんて、小学生や中学生ではあんまりないのかなあ・・・


なので、周りとどんなに温度差があっても、それはそれでしかたがない・・・のかもしれない。

ただ、のめりこんだものが団体スポーツなので、そんな現状がとても寂しく思えてしまう。


まだ、1年生だから・・・まだ自分達の代じゃないから・・・まだ試合してるわけじゃないから・・


中学生になると、やはり勉強との両立の問題も出てくる。

もちろん我が家だって、勉強の弊害になるなら野球やめてしまいなさい!と初めからユウにも公言している。

ただその影には、「好きなものをがんばれるように」「好きなものを続けられるように」、目の前のものをがんばってこなして欲しいっていう願いもあるんだけど。



最近のユウの愛読書は「野球体をつくる」

部活開始後ちょっと肘の違和感を持ってからよけいに、体のケアやトレーニングが気になってきたようだ。

いろいろ本から得た知識がうれしいのか、あれやこれや説明してくれる。


それがもしかしたら当たり前のことばかりなのかもしれないけど、基本ド素人の母にするとわが子ながら感心するほど読み込んでいるように感じてしまった。


思わず・・・

「ユウは個人競技してたら、本当に凄い選手になれるかもね。」

「なんで個人競技?!」

「野球だったら、トレーナーとか向いてるかもよ」

「なんでトレーナ?! 選手だよ!!」

「野球はみんなでするんだよ。一人や二人の気持ちばかり高くても強くはならないよ」

「・・・・」


「・・・」の中に、母が何が言いたかったのか彼は少しは気づいたんだろうか・・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お母さん、そんな事言ったら・・って思う人もいるかもだけど、口にしても仕方の無い事なんだけどつい・・出ちゃう。私もよ。

最初から頑張れない人は、余程の事が無い限り頑張れない。人間、そう簡単に変るものでは無いとは思います。でも、それが指導者だったり、親だったり、子供達自信だったり、何かのきっかけで少しずつ変る事だって無じゃないとも思います。

団体スポーツを選んだ以上、永遠の悩み・・なんでしょうかね。声を大にして言いたい事沢山ありますよね。
ハッシー
2008/07/10 14:44
>「野球はみんなでするんだよ。一人や二人の気持ちばかり高くても強くはならないよ」

確かにその通りなんです。 だから、皆の気持ちを持ち上げなければ強くなれない。
じゃあ、その役割を誰がするのか?誰もしたくない役割でしょうから、誰もしなければ、いつまでたっても強くなりません。 誰かが立ち上がらなければいけない。どうしても結果を残したいのであれば。 「どうしても」という気持ちを誰も持つことができなければ、誰も行動しなければ、「それなり」の結果しかついてこないでしょう。
touch
2008/07/10 15:52
かくゆう私も二人の息子達が小・中時代は野球に関して厳しかったと思います。
なんせ「甲子園にいきたい。プロになりたい」と宣言していたので、「だったら、勉強をしなくても全然怒らないが、自主練習を怠るようだったら徹底的に怒る。勉学して進学校へ行く子と同じ分だけお前は練習にあてろ。中途半端な気持ちで達成できるものではないから」と宣言し、そう実践してました。宿題している途中に(自主練習が足りないので)それを辞めさせて、自主練習させることもよくありました。
上の子は運良く甲子園を踏みましたが、下の子は結局、野球高校へは進学せずに国立大を目指せる進学高校へいき、野球を続けてます(苦笑)。
touch
2008/07/10 15:53
上の子は野球に対して「どうしても」という気持ちが強かったので、運も味方したと思います。下の子は「どうしても」という気持ちが足りなかったので、それなりの野球を続けていますが、その「どうしても」という気持ちが足りなかったことは(今になって)自分でもわかるようになって反省しています。
才能よりも「どうしても、このメンバーで結果を出したい」という気持ちだけでも結果が出せるまで行けるところが学生野球のいいところだと思います。
偉そうに長々とすみません。
touch
2008/07/10 15:53
ハッシー様

いろいろありますが、時間は確実に経過していきますね。
ハッシーさんがおっしゃとおり、突然何かががらっと変わることなんてそんなにないですね。
少年野球の時は絶対的な監督がいたので、監督の吸引力で上昇できたっていうのもありますが、今の部活の状況では本人の意識が絶対的な部分を占めてしまうと思います。
指導者のせい、子ども自身のせい・・・親ってなかなか自分のせいだって認められないんですね・・・
ゆきだるま
2008/08/19 11:06
touch様

一人でがんばる方が絶対的に楽なんだと思います。でも、みんなでがんばるからこそ、一人でがんばっても超えられなかったものを超えられるんだと思うんですが・・・
でも、やっぱりみんなでがんばるための前提として一人一人の努力は欠くことはできないですよね。
個人の能力、そして人間性・・・これからの彼の成長を根気強く(^^;見守っていきたいです。
ゆきだるま
2008/08/19 11:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
大事なものの価値 ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる