ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夏」の大きさ

<<   作成日時 : 2008/09/05 17:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ようやくようやく、2学期がスタートしました。

8月は仕事もめちゃめちゃ忙しくて・・・なんだかドタバタの毎日でした。

そんな中小学生&中学生は、宿題や休み明けの課題テストになんとなく追われてるけど、それぞれのの試合もありと彼らは彼らで忙しい毎日(早めに済ませておけばいいだけなんだけど^^;)


2学期が始まり、ようやく日常生活に戻った!って感じです。


そんな夏休み最終の日曜日。

なんとこの日私は、4つの試合を観戦致しました。


まず朝一、小学校で6年生チームのHR杯の2回戦。

相手は昨年度(5年生)の優勝チーム。

力の差を感じないわけではなかったけれど、それでもやっぱりこちらのミスで試合は終わってしまいました。


その後中学に移動して、ユウの公式戦(ブロック予選)。

こちらは久しぶりに心臓わしづかみにされるような、見てるのもと〜ってもしんどい試合。

試合後半、ショートからマウンドへ上がったユウ。

球も走らず、コントロールもメチャクチャ。

2−0のリードをあっさり同点にされ、最後はサドンデス。

でもまだマウンドにはユウの姿が・・・・

1点差・・・首の皮一枚でつながった勝利でした。


とその後私は再び小学校へ・・・

午後から、仲良しキノさんチームと6年、5年と続けて練習試合。

そうなんです・・・この日シンはなんと3試合を一気に経験。

もちろんかえってから8時前ににはバタンキューでしたが・・・(^^;


6年生は練習試合だというのにコールド負け。

続く5年生は、最後に逆転負け。

相手チームのメンバーには仲良しさんもいるのでよけいにくやしかったのかな・・・

最後のダウン時はなみだ目のシンでした。


さてさて・・・夏前からなんとなく上昇気流に乗れずにいた6年チーム。

全市大会の切符を逃したことで、迷路に迷い込んじゃった感じです。

心機一転のこの大会も、1回戦は無事突破しましが、2回戦からは優勝候補がずらりと並ぶ死のブロック。

↑のとうり2回戦敗退となったのですが・・・


この午前中の2回戦敗退よりも、午後からの練習試合・・・子ども達、指導者そしてママたち

みんなどう感じたんだろう・・・

仲良しキノさんチームは、指導者同士が仲良しなこともありちょくちょく練習試合もしてたんですが・・・

5年からメキメキ力をつけたこのチーム。

6年になってからも、連続して大会を制覇していきました。

どの大会にでても優勝候補といわれるようなこのチームですが、それでも春までは勝てないまでも喰らい付いていけたわが6年チームでした。

でも夏を超え、久しぶりに対戦したキノさんチームにうちの6年チームが立ち向かう隙は全くありませんでした。

正直「格」が違うって感じでしょうか・・・

ピッチング、守備・・・そしてバティング。

パワーもスケールも全て突き放されて・・・って感じでした。


春の終わりから、監督と子ども達の何かがうまくかみ合っていません。

何とか子ども達の士気を高めたい監督。

士気が高まる前に、技術で沈没してしまう子ども達。

みんなもがいて溺れそう・・・


当然それを見守る母たちも・・・ちょっと前まではなんとか!って思ってた気持ちも、最近は下降気味のような気がします。

そう・・・もしかしたら少年野球に少しお腹いっぱいになりつつあるのかも・・・


「笑顔」や「充実感」で最後を迎えられるってみんな信じていたはずです。

でもそんなにドラマティックな結末って誰もがむかえられるわけじゃない。

勝ち負けは関係ない!とはいえないけど・・・でも、優勝カップで全てがチャラなんてことはありえない。


今なにをどうがんばったらいいのか、みんながわかんなくなってるんだと思う。

6年生・・・気づくとあともう3ヶ月・・・

みんなの笑顔がみたいなあ・・・





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「夏」の大きさ ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる