ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の中・・・それぞれの温度差

<<   作成日時 : 2006/10/02 10:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 6年生が試合に負けてしまい、5年生の試合が雨で中止。
 
 その後グランドでは・・・

 6年生は雨の中、練習を始めまた。6年監督の声が雨のグランドに熱く響き渡っている。
 5年の監督も6年のノックに参加。

 さてさて、5年生は・・・・
 5年監督は、5年ヘッドコーチに「お前に任せる」といって6年の練習に参加して行ったそうだ。
 さて、監督の意図は・・・・

 5年ヘッドは最初から、雨の中の6年の練習を前向きにはとらえていなかったようだ。
 明日学校もあるのに、雨の中のこの状況で熱くなってるのは指導者だけじゃないか・・・なんて思ってたらしいけど・・・
 そして、ママ達の中に来て・・・
「監督には任せると言われてるのですが、どうしたらいいとおもいますか?」
 あるママは・・・
「子どもたちはどうしたいんでしょうね」
と、切り替えしたのですが・・・

 ヘッドの出した結論は解散でした。
  
 何が正解なのかわかりません。
 きっとそれぞれの体力、思い、考え方は大人同様、子供もさまざまなので・・・
 子供達の体力面を考えて解散にしていただいたことにもちろん異論はないです。

 が、雨の中を滑り込む6年生の姿を彼らはどう見ていたのか・・・・
 なにより、自分達の監督が雨の中ノックをしている姿を彼らはどう感じたのか・・・・

 帰ってからユウに話を聞くと、ヘッドから子供達に対する問いかけはなかったようです。
 
 「みんなはどうしたかったの?」と聞くと

 「帰りたい人もいたし、やりたい人もいたと思う」 正直その通りだと思う・・・・

 「ユウは?」

 「ぼくはやりたかったけど、でも解散って言われたから・・・・」 
 指導者の方が思うより、子供にとって指導者の意見は絶対なのだと思う。

 泥んこになって飛び込みながら練習するのが大好きなあの子は、この練習をつらいと思うより楽しんでしまう方だろう・・・
 何に対して指導者が熱くなるのか違うように、この練習がとてもいやな子もいるだろうし、この練習がきっかけで体調を崩す子もいるかもしれない。

 だれもが同じ体力で、だれもが同じ思いなわけではない・・・
 正解なんてないんだろう・・・

 でも6年監督は、のこされた少年野球の時間、「もっと熱くなれよ!!」と点火したかったんだと思う。指導者が熱くならずに、やはり子供達はなかなか熱くなれない。
 普段は口下手ぶきっちょの5年監督だって、雨の中ノックをしている背中から十分熱気は伝わってきた。

 思いを素直に表現できる子・できない子がいるのはよくわかる。

 学校で、興味・関心が取り上げられ10数年がたつが、正直どう評価していくんだろう???と疑問を持ってしまうことも多い。
 関心のある子だけが、発表しているのではなく、うちに熱いもの秘めてる子はいっぱいいる。

 よくわかる・・・・

 ただ、最近「表現できないだけだ」というのは逃げなのではないだろうか・・・と感じることもある。
 隣の人と同じ表現をする必要はないけれど・・・自分の表現方法を見つける「努力」は必要だと思う。
 そしてその「努力」が、向上していくために課する「努力」なのか、自己満足の「努力」なのか・・・

 「できること」と「できないこと」があるのは当たり前。

 でも、努力を「する」か「しないか」は本人次第。

 野球っこユウは・・・野球に関しては、みんなの練習も一人の努力も彼は彼なりに自分で目標と課題を持ち、取り組んでいる。わが子のことなので親ばか丸出しだが、野球に関する彼の想いは感心してしまうときもある。

 が、しかし!しかしだ!!

 やはり、苦手なことから逃げたい思いはまだまだガキンチョ!!
 あんなに野球が好きで、来る日も来る日も暇があれば、高校野球の録画を見ているような野球バカで、
 「君は選手がダメなら解説者になったら?(そんなルートはないですね^^;)」
って本気で語りかけてしまうほどだけど・・・

 試合を事実ではなく、自分の気持ちの動きとしてとらえるのがすごく苦手らしい・・・
 最近、なかなかペンが走らない「野球ノート」
 いろいろ偉そうなこと言っても、自分と向き合えない子は成長しないよ、ユウ。

 逃げたい時・・・逃げてしまうのか、立ち止まるのか、向っていくのか・・・

 好きな努力は簡単だ・・・苦手な努力こそ意味がある。


 寄りかかるのはチームじゃない。支えあうのがチームだ。

 だからまずは一人一人がしっかり立っていられる「努力」が必要なんだろうなあ・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は、こちらも雨が降り始め早めの解散となりました
『温度差』って、子供以上に大人に感じることが多いこの頃・・・
どちらが正しいっていう正解が無いだけにもどかしさも・・・ね!
厳しい練習をこなしている以上、強いチームになって勝ち進みたい!
これだって、みんなが同じだと思ったら大間違いだったりするから厄介だ
チーム一丸!!!
気長に・・・気長に・・・・
純也のやる気の波も一定ではないので、飴とムチは常に用意しています
なんだかな〜・・
と思うこともあるけど・・・我慢我慢・・(笑))))
純也の母
2006/10/02 10:57
温度差は、どんな世界にでもあることだよね( ̄^ ̄/// 学校祭や運動会…『やるべ=!』っていう奴もいれば、『ふん…』って、シラケタふりする奴もいたしょ? 素直に熱血になれる人と、熱血なんてカッコ悪いと思う人。
どちらも○であって、×じゃない。 でも、子供って、リーダー次第ってところもあるよね。 もし、自分が指導者だったら…アニマル・jackと呼ばれていたかも?(笑))『気合だ=!』ってね。 ユウ君がやる気満々なんだったら、自主練で頑張ればいいんだ。 めきめきと上達するユウ君を見て、俺も!俺も!!って、必ず!熱血仲間が増えだして、その雰囲気がチームに新等した時…至上最強のチームが出来上がるさ! ただし…そんなのは嫌だ!って子や親もいて当然で、抜ける子もいれば、新たに参加する子も出てくると思うよ(^−^)b だから、今は無理してチームをまとめなくてもいいんでないかなあ…。
jack
2006/10/02 21:33
新等⇒浸透(^^;
jack
2006/10/02 21:34
<純也君ママへ

<みんなが同じだと思ったら大間違いだったりするから厄介だ
そうそう!本当にそう!これは、子供より大人のほうが何倍も厄介(><)

たかが少年野球。されど少年野球。
この押し具合も、引き具合も本当に人それぞれ・・・

いろいろあるけど、まずはあの子自身が自分の足でしっかり立ち、進んでいくこと・・・私は・・・「見守る」んだそうです(夫より)
ゆきだるま
2006/10/02 22:03
<Jackさま

<どちらも○であって、×じゃない。
 この正解のなさが、人それぞれを生むのですね。
ただ、しらけてしまう人って、本当は熱血になりきれる人がうらやましい・・・って思う時あるんじゃないかなあ・・・
でも、うらやましいと思う自分の正直な思いを認めることもいやだったり・・・

ユウもけっして表現するのが、上手な子ではないのですが・・・
彼の今できる努力を、一つ一つ積み上げて行ってほしいなぁと願ってます。
ゆきだるま
2006/10/02 22:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の中・・・それぞれの温度差 ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる