ゆきだるまのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 5年間の感謝・・・卒団式

<<   作成日時 : 2007/12/17 20:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

日曜日・・・北風が吹き、でも太陽も時折降り注ぐ中、卒団式が行われました。

2年生の夏・・・どうしてもみんなとする野球がしたくて、お父さんにお手紙のお願いを書いて始まった少年野球(click!)

体よりでっかいかばんにバットを持って出発する姿に・・・大丈夫かなぁと不安になりながらも送り出していった週末でした。


2年の冬・・・新3と呼ばれるようになって間もなくの冬のトレーニングは、新4のキャプテンと2人、新6に混ぜてもらってでっかいお兄ちゃんたちと一緒でした。
この時の新6の監督が、今のユウたちの監督です。
いつもは練習が終わって帰宅後もグローブをもって公園に飛び出していったけど、この冬だけは練習が終わると知らないうちにソファーで寝てしまっていたっけ・・・


どの学年も人数が揃わず大変だったにもかかわらず、自分達の学年だけでもなんと15名の大所帯ではじまったJr時代。
夏の終わりに初めて優勝の経験もできました。


4年の後半から5年にかけては、チームは登り調子の絶好調でした。
毎週末、休みなく指導してくれる監督。
細かく気を配り動いてくれる学年指導者。
応援、車だしも積極的な保護者たち。

5年始めには2度の優勝カップも手にし、どんどんチームはどんどんよくなっていくと誰もが信じていました。


しかし・・・勝てば勝つほど負けられなくなる・・・そんなジレンマに夏以降何かが狂い初めてきました。

監督の考え、コーチの思い、保護者のジレンマ・・・そして子ども達のやる気・・・

何もかもがかみ合わず、ぐらぐらと崩れていきました。


5年の夏・・・ユウは6年チームに入り、先輩達と全市大会の舞台に初めて立ちました。

惜しくも一回戦で敗退してしまいましたが、来年は絶対自分達のチームでみんなで来るぞ!と誓った夏でした。


でも、新6になっても、チームの雰囲気はいっこうに回復しませんでした。

春のリーグ戦・・・お隣のチームに1時間の完全試合の屈辱も味わい・・・・

みんなで行くぞ!と誓った全市大会も、遠く遠くはるか遠く離れていくようでした。



それでもなんとかたどりついた夢の全市大会・・・

あの夏が、あの大舞台が子ども達を本当に強く強くしてくれたのかもしれません。

あの夏の大会以降は・・・子ども達は子ども達の野球をしていました。

指導者の采配はもちろんですが、それでもやはり野球をするのは子ども達なんだ・・・と実感する毎試合でした。


最後の大会に、最終日まで参加できたことで、卒団式は1週間先送りの先週末の日曜日になりました。

いつもは簡単な壮行試合をした後に、式、そして昼食会へと流れていくのですが、今年は昼食会の場所が確保できず後日となったため、1日日程で式&壮行試合、イベントと続きました。


入場時、いくつかの優勝カップとともにあるく子ども達はそれぞれがとても晴れがましく、どこか安堵の表情さえ感じられるほどみんなにこやかでした。

式では、いつもは卒団生はキャプテンからのお礼の言葉だけですが、今年はサプライズ!ということで、一人一人が監督に一輪の花とともにお礼の言葉をいいました。

異例のサプライズに、監督のグッとこらえた表情がとても印象的でした(^^)


ちなみにユウは・・・

「最後の大会、もっと走って、もっと打って、監督やみんなと優勝したかったです。監督におしえてもらった野球が何もできず負けてしまったけど、これからも監督におしえてもらった野球を続けていきます・・・  ・・・・ ・・・」

なんてことを言ってたと思います。

多分、かなり無念のラストゲームだったんだろうなあ(^^;


1時間ほどで式が終わり、その後 指導者VS卒団生の壮行試合です。

いつもは3回程度のイベントぐらいですが、今年は指導者が本気でやりたいと、なんと7回までやっちゃいました。

試合は指導者の意地のホームランや一回転のスライディングなんかも飛び出して、指導者勝利!

完全な野球小僧に逆戻りの指導者チームでした(^^)

その後監督と卒団生の1球勝負とか、母と卒団生の1球勝負とかいろいろありまして・・・


最後に、秋に流れてしまったリーグ運動会で流れてしまった、「二人三脚リレー」を決行!



指導者ペアVS親子ペア

息子と腕を組んでおおぴらに歩けるなんて、最後かなあ・・・

だいの大人が二人引っ付いての指導者ペアもなかなかみんな必死で笑えました(^^)

勝負事はみんな真剣です(^^;


その後2回戦で、指導者と卒団生ペアを二つに分けてのリレー。

子ども達も、最後に指導者の皆さんとの大きな思い出ができたでしょう・・・


最後は1本締めでの解散・・・・

みなさん、一日本当にありがとうございました。

そして、5年間本当にありがとうございました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5年間の感謝・・・卒団式 ゆきだるまのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる